Moscow

Beijing

Pusan

Tokyo

Vladivostok

グループ社

有限会社「オレンジ・ライン」は海上輸送会社です。

当社の事業の一つは各貿易取引条件に従う海上コンテナ及び混載による輸出入貨物の海上輸送です。

「オレンジ・フォーチュン」船は、上甲板を含む各甲板に積載される車両各種の輸送に使用されるROLO船で、吊上能力40トンの船用クレーン2台が整備されていますが、自動車の収容台数は600台です。本船は、物品税課税対象の貨物及び重量貨物を日本・韓国諸港から輸送しています。

当社は各顧客への個別アプローチを重視しており、必要に応じ、選別されている輸送条件(価格・トランジットタイム・貨物の重量か容量・出荷回数)に合わせ、輸出入貨物の最適輸送ルートを組みます。

有限会社「極東通関手続センター」は当社の通関手続代行業者です。

当社は、法律上の注意点や貿易事業の特徴を解説し、ウラジオストク港における貨物通関手続代行サービスを提供しています(通関業務代行業者登記簿登記証明書:第0597/00号、平成25年7月15日付)。また、当社は貿易全般サービスも提供しています。

有限会社「ボストック・オート」は当社の港湾・倉庫施設の運営会社です。

一時保管倉庫・荷役・物流の機能は公開型株式会社「ウラジオストク漁港」が統括していますが、事実上に果たしている会社は車両・一般貨物の荷下ろし・保管・フォワーディングサービスを扱っている有限会社「ボストック・オート」です。後者は、港湾施設における荷下ろしからロシア・独立国家共同体諸国への鉄道輸送までの車両積替関連サービスを統括しています。それによって、顧客も全般サービスを使用できます。

有限会社「ボストック・オート」は、乗用車2500台・建機400台の同時収容が可能である屋内外専用倉庫施設を所有しており、公開型株式会社「ウラジオストク漁港」の専用岸壁において、RO-RO 船・ROLO船の荷積み下ろし作業を扱っています。現在、日本・韓国・東南アジア諸国との定期線が稼動だれています。


Partners